アプリをリリースしたら行いたい宣伝まとめ。

アプリをリリースしたら、
まずは出来るだけ多くの人にアプリの存在を知ってもらって、
アプリを使ってもらうということが大事です。

なんだかんだで、ここが一番難しいところではありますし、
決して外せない関門です。

アプリをリリースしたらおこなっておきたい、
宣伝方法をまとめてみました。

1、アプリレビューサイトへの申請

やはり定番はアプリのレビューサイトへの申請です。

例えば...

iPhoneアプリなら、
App bank:http://www.appbank.net
meeti:http://web.meet-i.com/
iPhone女史:http://www.iphone-girl.jp

Androidアプリなら、
アンドロイダー:http://androider.jp/
octoba:http://octoba.net/
ドロイドバンク:http://androidnavi.net/

といったようなサイトが、
多くありますので見つけて申請をしてみましょう。

2、ソーシャルメディアでの宣伝

自分のFacebookやTwitterなどで投稿しておきましょう。
日ごろの行いが良ければ、応援シェアしてくれたり、
友人たちがダウンロードしてくれくれるかもしれません。

どこで人がつながっているかわかりません。

もし自分の会社の社長がネット上での活動を積極的にする人なら、
シェアしてくれることで経営者の人たちにリーチできるかもしれませんし、

友達の知り合いに偶然、
記者の人がいるかもしれませんし、
やらないよりはやったほうが良いでしょう。

3、人づての宣伝

社内のスタッフへのメールでの告知、
取引先にメールするときに署名につけるなど、
地道ではありますがこうしたところも見逃せません。

仲間が良いレビューを書いてくれることで、
アプリストア上でのDL率が上がるかもしれませんし、

1DLを大事に出来ない人は、
きっとうまくいかないと思います。

地道なところから頑張るようにしましょう。

4、コミュニティでの宣伝

iPhone開発者のTwitterコミュニティアカウント
https://twitter.com/iphone_dev_jp

ではアプリをリリースしたときの宣伝が許されています。
フォロワーの数字上は10000人以上に訴求できることになるので、
こうしたところも活用すべきです。

もしかしたら、フォロワーの方々が、
リツイートしてくれるかもしれません。

他にもこうしたコミュニティや仲間をつくっておくと、
お互いに助け合うことが出来ますので、
普段からいろいろな人と交流するようにしましょう。

5、ブロガーへの宣伝

自分のアプリに関心がありそうなブロガーの人がいたら、
アプリの紹介をメールで送ると良いのではないでしょうか。

その人が興味があることで、
丁寧なメールが送られてきた場合は、
嫌な印象は持たない人がほとんどだと思います。

場合によっては「こんなアプリがほしかった」と思ってくれて、
ブログに書いてくれるかもしれません。

はてなブックマークなどでも、
「わたしがつかっている神アプリ50」みたいなブログ記事は、
よくバズっている傾向にあるので、

もし思い当たるブロガーさんがいる場合は、
そういったアクションを起こしてみるのも一手です。

6、ニュースサイトへの宣伝

アプリ紹介サイトよりは可能性が低いですが、
WEB系ニュースサイトへプレスリリースを送るのもおすすめです。

マイナビニュース:http://news.mynavi.jp
ケータイwatch:http://k-tai.impress.co.jp
はてなブックマークニュース:http://b.hatena.ne.jp/

個人開発者の人は、
「プレスリリースって個人がおくってもいいの?」
と思うかもしれませんが、まったく問題ありません。

ただ個人よりは、
屋号名やデベロッパー名をつけてリリースをしたほうが、
取り上げられやすいかもしれませんので、そのような形を取りましょう。

 関連記事

プレスリリースって何?
アプリのプレスリリースを無料で送るには?
アプリのプレスリリースの書き方
アプリのプロモーション方法比較
アプリのレビューサイトの効果まとめ、実際にダウンロードは増える?
アプリレビュー依頼の書き方、5つのポイント!
アプリをリリースする前にやっておきたいこと!
アプリのリリースは何曜日にするべき?
コラム一覧
<その他のオススメサービス>