アプリレビュー依頼の書き方

アプリのレビューサイトに依頼をするとき、
どのように書いたらいいのか分からないという人も多いと思います。

本ページでは、実際のアプリレビューサイトの運営者に、
アドバイスをもらった上で、わかったポイントをまとめていきます。

1、わかりやすい件名をつける

まずアプリサイトの運営者がレビュー依頼を受け取った時に目にするのが、
このメールの件名の部分です。

例えば悪い例は、
以下の件名だそうです。

「プレスリリース」・・・要件だけが書いてある。
「レビュー依頼」 ・・・要件だけが書いてある。
「ワンダーカメラ」・・・アプリ名だけが書いてある。

レビュー申請窓口からメールを送っている以上は、
要件についてはわかっているので、メディア担当者としては、
「どんなアプリなのか?」が知りたいということですね。

良い件名というのは、
「100以上のフレームで写真が撮れる女性向けカメラアプリ、ワンダーカメラ」

といったように、
アプリの内容が端的にわかるような件名です。

2、フォーマットを守る・必要情報を記載する

アプリストアのURLを記載する、
アイコンサイズの指定をちゃんと守るなど、
意外にこうしたところを見逃して送ってしまうケースは多いようです。

たくさんのアプリレビュー依頼をしたいという気持ちはわかりますが、
ひとつひとつの申請が雑になってしまうのは、本末転倒です。

しっかりサイトごとに決められたフォーマットを、
守るようにしましょう。

3、実績や参考になる数字をかく

ほとんどのアプリデベロッパーは無名です。
相手がこちらのことを知っているという状況はまずないと思っていいでしょう。

そんな中で、ひとつ頭を抜けるためには、
使える数字やデータは使っていこうということです。

「リリース7日で1万Dダウンロードを突破しているアプリです」
「○○は人気アプリの続編です」
「100人の市場調査をして徹底的につかいやすいアプリにしました」

など具体的な数字が出てくると、
信頼性や説得力はぐっと増します。

これはWEBサイトの記事などでもよくありますが、
レビュー申請を書く時にも有効だと思います。

4、アプリの説明をわかりやすく

アプリの内容がわからないというのが一番もったいないです。
アプリのレビューサイトの担当者は、
まずメールを読んでそのアプリをDLするか決めることがほとんどです。

せっかく良いアプリであっても、
説明が下手であったり、うまく内容がつたえられなかったために、
興味をもってもらえないというのは非常に残念なことです。

送る前に、友人知人にアプリの説明紹介文を読んでもらって、
中身がわかりやすいかどうかチェックしてもらうのも良いかも知れません。

5、記事を書いてもらったらお礼を

これはレビュー申請の書き方とは、
少し離れる形にはなりますが、

記事を掲載いただいたら、
TwitterでもFacebookでもメールでも良いので、
お礼を言うようにしたほうがいいです。

気にしない人もいると思いますが、
せっかく時間をかけて記事を書いてくれたのですから、
記事を掲載してくれたことへのお礼は欠かさないようにした方が良いと感じます。
お礼を言われて、嫌な気分になる人はいないと思いますし!

 関連記事

プレスリリースって何?
アプリのプレスリリースを無料で送るには?
アプリのプレスリリースの書き方
アプリのプロモーション方法比較
アプリのレビューサイトの効果まとめ、実際にダウンロードは増える?
アプリをリリースしたら行いたい宣伝まとめ。
アプリをリリースする前にやっておきたいこと!
アプリのリリースは何曜日にするべき?
コラム一覧
<その他のオススメサービス>